日本バリューリサーチオープン

日本バリューリサーチオープン

ファンドの特色

  • わが国の金融商品取引所上場株式を主要投資対象とします。
  • 投資銘柄は、バリュエーション(投資価値)面で割安な水準にあると判断される銘柄の中から経営改革と業績動向を重視して選別します。投資価値分析は以下の条件などにより行い、株価水準が中低位にある銘柄を中心とします。
  • コアストック銘柄とアクティブストック銘柄に分けて投資します。
  • コアストック銘柄は、より経営改革の方向性が明確で、業績の拡大が見込める企業の中から中・長期的な保有を目的に選定します。
  • アクティブストック銘柄は、積極的なキャピタルゲインの獲得を目指します。また、アクティブストック銘柄の組入れ比率を調整することでポートフォリオ全体のリスクコントロールを行います。
  • 年1回7月の決算時に分配を行います。